トップ

医師について知っておく事

かっこいい医師像

医師への憧れを感じるとき

子どもの頃に描く憧れの職業はいくつもありますが、その中でも「正義の味方」である医師と弁護士は特別ではないでしょうか。これらに対する理想化は進路を決める高校生くらいの年齢になっても同じで、進学の難しさ、特に医学部は入学金、授業料の高さなどから、より実感として高嶺の花の仕事であることに気づくのです。医師という職業は、人の命に係わる仕事ですから、なることより続けていくことの方が大変な職業でしょう。テレビドラマに出てくる場合は、お金持ちで、頭が良くて、華やかです。眠たさや疲労感は画面を通しては伝わりませんから、結果だけが爽やかに格好よく映ります。しかし、実際に病院で働く医師たちは、収入はそれほど多くない上、昼夜なく呼び出され、外科医においては、何時間いもわたる手術に立ち会うなど、眠たさと疲労感の塊でしょう。それは、爽やかな格好よさとは程遠いものかもしれません。自分が患者となり、手術を受け入院し、彼らの大変さと患者への思いやりが伝わった時にはじめて、彼らの疲労感にほんとうの憧れを感じることができるのでしょう。

憧れの医者を目指してみる

手に職をつけていると仕事を探すときなどには、とても便利ですのでなりたいものがあるのであれば、やってみるというのも良いのです。年収の高い職業には、憧れというものが誰にでもあるのではないでしょうか。そういった職業には医師というものがありますが、ものすごく勉強をして国家試験に合格をしなければ、なれるものでもありませんので憧れている人が、多いのも分かります。医師になるには、相当の努力を積み重ねなければなれるものでもありませんので、そういった道を選ぶのであればそれなりの努力をしていかなければなりません。そういった事が出来るのであれば、なってみるのも良いのではないでしょうか。大学も良い大学に入って、成績もトップクラスに入る事が出来なければいけませんので、なりたいからという理由で簡単にはなれるものでもありません。優秀な医師を目指すのであれば、隅から隅まで勉強をして英語なども覚えなければいけませんので、この道を目指すということはとても大変な事なのです。

↑PAGE TOP