トップ / 医師になりたての頃の収入

医師になりたての頃の収入

医師なりたての給料

若い時には医師も病院をかけもち

大学の医学部をやっと卒業し、いざ医師になって大病院の勤務が決まっても、初めは給料も生活に十分なほどはもらえません。ところがエリート意識でそれなりの生活をしたい願望と、色んなところで見聞を高めたい意識によって、病院のかけもちをすることがあります。街の小さなクリニックや医院であることも多く、向学心で真面目に患者と接するのと、最先端の医療を学んでいる最中なので、患者にとってもメリットです。医師がかけもちを重ねることでベテランになって、やがて教授と呼ばれる身になるようにと日々研鑽していくのです。

病院をかけもちする医師について

医師の勤務スタイルというのは例え常勤であっても週の一部は自由に活動をすることが許される研究日として設定されていることが多くなっています。この様な日は通常勤務している医療機関を離れて医師ごとに独自の活動を行うのが一般的であり、その中には他の病院での勤務をかけもちで行うというケースが少なくありません。この様な病院のかけもち勤務を行う理由としては常勤で勤めている医療機関では行うことのできない技術を習得したり、技術を磨いたりする時間が必要になるためであるというのが主な理由として知られています。

↑PAGE TOP