トップ / 医師になるためのハードル

医師になるためのハードル

医師になるための勉強

医師のための予備校について

医師になるためのハードルというものは非常に高いものであり、予備校という存在がその高いハードルを越えるために機能しています。まず最初のハードルとなるのが医科大学への入学ですが、この最初のハードルを越える際に予備校は最も活躍をすることになります。非常に高い学力を身につける必要があるため、通常の学習に加えてこの様な仕組みを活用する人は少なくありません。次のハードルは医師国家試験ですが、これは医学部を卒業して国家試験を受けるタイミングでの試験勉強となります。こちらに関しては大学等での学習が基本となるでしょう。

医師予備校は勉強付けの日々

医師になるために予備校に通っている人は、勉強漬けの毎日です。医学部に入ればもっと勉強漬けの毎日になります。今あなたが、予備校でやっている勉強漬けの日々など序の口で、これは序章だと思ってください。医師国家試験に合格するには、机の上に天井の高さまで積み上げた教科書を3周から5周くらいはしないといけないと言われています。医者には、頭脳や技術だけではなく、強靭な精神力やなんとしても患者さんを助けたいという熱い想いが不可欠です。医者になって苦しんでいる人を助けたいという熱い想いや決意があれば、乗り越えられます。

↑PAGE TOP