トップ / 医師の原稿執筆や講演

医師の原稿執筆や講演

医師の様々な収入元

医師の講演料は雑所得です

医師は、本業である医療行為を行うことで診療費を得ていますが、それ以外で収入を得る場合もあります。原稿を執筆する場合や、依頼を受けて講演するような場合です。どちらも、所得を得た時には、税法上は雑所得で処理します。医業組合債の利息を得た場合や、所得税や住民税の還付金があった場合、日本医師会の年金も雑所得です。確定申告の時には注意が必要ですし、経費として控除される部分もありますので複雑です。本業の医療行為に集中するためにも、所得に関する事項や申告は、専門家である税理士に依頼する方が間違いないでしょう。

医師の収入と雑所得について

医師は一カ所からの収入しかないということはあまりありません。常勤での勤務をしていたとしても、週の一部は別の場所で勤務をしていたりすることは珍しくありませんし、講演や読影等で副次的な雑所得を持っていることも珍しくありません。そのため多くのケースにおいて医師は年度末に確定申告を行うことが求められる存在であり、雑所得の額に応じて必要な税金の払込が必要になるものであるということが出来るでしょう。そのため管理対象となる金額が多い場合には税理士の支援を受けて確定申告を行うようにしておくことが望ましいと言えるでしょう。

↑PAGE TOP