トップ / 医師の離職について考える

医師の離職について考える

医師の離職率データ

医師の離職率を調べてみる

医師の離職率というものは明確なデータがないので分かり辛い点が多く、異動だけでなく激務などによって追い詰められて転職を選ばざるを得ない状況など、線引きの判断が難しいのが実情となっています。その中で女性医師は離職率が高いといわれています。出産や育児といった子供に関する理由が極めて多く、出産をするかしないかによってその率は大きく変わってきます。ただ、一生涯有効な職業であり、自らが定年と決めない限りはずっと働き続ける事ができるのでサラリーマンが定年退職する年齢でも現役で働ける分、全体的には低い率になっています。

医師の離職率について

医師という職種は同じ職場にいつまでもい続けるという仕組みにはなっていません。一般的に離職率は高く、一定期間が経過すると違う職場に移動をするというのが基本的な働き方になるのです。それは技術を身につけて、それをより活かすことのできる場所に職場を変えるというスタイルが基本的な対応となるからなのです。そのため医師の離職率というのは他の一般的な職業に比べると高い傾向にあります。しかしこの傾向はより技術が活かせる場所を求めて職場を変えるという専門家ならではの環境に影響を受けているものであると言えるでしょう。

↑PAGE TOP