トップ / 医師の資格の内容について

医師の資格の内容について

医師は国家資格です

医師の仕事は独占業務です

仕事をするための資格はいくつもありますが、大きく分けると2つに分類できます。その資格がなければその仕事をしてはならない独占業務と、資格がなくてもその仕事はできるけれども、その資格者を名乗ることはできない、名称独占業務です。前者には、医師、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、土地家屋調査士、弁理士など、合格するのは難しいですが、社会的にもステータスが高く、高収入が期待できる資格が並んでいます。資格は国家資格と民間資格に分かれていますが、業務を独占できる資格は国家資格で、医師も当然、国家資格です。

医師の独占業務について

医師の独占業務は様々あります。病名の診断や、それに対する治療や処方などについての指示は、すべて医師の国家資格を持った人でしか行うことができません。これは、病気に対する知識を持っていることが前提条件とされており、他の者が代わりに行うことができないされている業務になります。なので、独占業務として行うことができるようになっています。また、資格を持っていないものがこれらの業務を行うと、法律違反となり、さらにそれらを生業としている場合、警察に逮捕されることになるので、注意することが大切となります。

↑PAGE TOP