トップ / 医師になるため医学部合格

医師になるため医学部合格

医師を目指すために

医師になるための勉強法

医師になるためには、先ずは医学部に合格しなければなりません。どの大学でも医学部は最難関の学部ですので、正しい勉強法を実践しなければ、とても合格はできません。大学によって多少は違いますが、センター試験では900点以上が必要です。そう考えると苦手科目を作ってはならないことになります。飛び抜けて得意な科目があることも2次試験では重要ですが、センター試験では、どの科目も平均的に高得点を取ることが求められます。医師を目指す人専門の予備校もありますので、そこで正しい勉強法やノウハウを学ぶことも有効な手段です。

医師になるための勉強法について

多くの方が学校以外に、塾などにも通い勉強をする方もおられます。塾での学習も必要なことではあります。しかし、両方のかけもちの勉強は、中途半端になりがちです。どちらかにウエイトを置き、勉強していくことをお勧め致します。また、科目においては、得意科目をさらなる強化することは、悪いことではありませんが、苦手科目を強化していくことが必要です。どの教科も満遍なくできる必要があります。単発的に勉強するのではなく、コツコツと学習を積み重ねることが、医師になる勉強法として1番良いです。

↑PAGE TOP