トップ / 在宅医療の問題と注意点

在宅医療の問題と注意点

医療と介護の連携

在宅医療および在宅介護

現在、急性期の病院から、短期間で退院させられるケースが増えております。急性期の病院から、老人保健施設や、回復期の病院などに転院する場合もありますが、そのまま在宅に変えられるケースも増えてきております。入院中に病院の医療スタッフと退院後に在宅生活を支援する介護保険サービスの事業者が集まり、退院前調整会議を開き、互いの顔を見た状態で情報共有などの連携をとることは大変重要です。医療側スタッフと介護側スタッフが患者さんやご家族の不安の声も直接聞いてあげるよう努めて下さい。

医療機器装着患者へのサービス

人工呼吸器を装着した医療依存度の高い患者が、直接、ご自宅に帰るケースが増えてきております。機器が装着したまま退院は、ご本人およびご家族も大変不安が強いです。退院後は、ケアマネージャーのプランのもと、主治医の往診や訪問看護、訪問リハビリ、訪問介護などの介護保険サービスの医療支援を受けることになります。様々な事業所が介入することになりますので、事業所間での連携をとることが大切です。連携を図ることにより、リスク管理や共通の目標や課題を持つことができます。

↑PAGE TOP