トップ / 変化する整形外科の仕事

変化する整形外科の仕事

整形外科医について

整形外科の仕事とは一体

整形外科が扱う疾患や症状には、肩こり、腰痛、骨折、捻挫、骨肉腫、筋肉にできる腫瘍、関節リウマチ、脱臼、テニス肘や十字靭帯損傷などのスポーツ障害などがあります。手術では、骨をのこぎりやハンマーで切ったり砕いたり、骨にネジを入れたりしますので、一見大工仕事のように見えます。助手の医師は太い足を持ち上げていることもあります。そのせいか、学生時代はラグビーをやっていたなどという体育会系の医師が多いというのも特徴でしょう。

整形外科とチーム医療

整形外科では、手術ではなく薬物治療で症状を緩和することも多くなっています。関節リウマチでは生物学的製剤ができてからは、早期に発見すれば関節が変形することもなくなり、手術が必要となることも激減しましたが、膠原病科の医師と連携を取りながら治療する必要があります。また、スポーツ障害の患者さんの場合、術後のリハビリが必要ですので、理学療法士ともしっかりと連携する必要があります。他の診療科や他の職種とのチーム医療で治療する機会が多くなっています。

↑PAGE TOP